Rent information

賃貸アパートの壁に釘を打ってもいいのか

賃貸アパートの壁に釘 賃貸アパートは「借り物」ですので、もちろん自分のものではありません。
入居者はきちんと管理をし、適切な状態を保ち、退去時には元通りにして貸主に返すという原状回復義務が課せられます。
そのために、壁に穴を開けることとなる釘は打ち込まないほうがよいでしょう。
壁に開いた穴は破損とみなされて、補修費用を入居者が負担しなければならなくなります。
場合によっては入居前に支払った敷金ではまかないきれずに、補修代を請求されるケースもありますので注意しましょう。
一方で、普通の生活をしている状況で発生しうる経年劣化については、入居者が補修費を負担することはありません。
画鋲の穴程度の小さなものでしたら、経年劣化の範囲内とされています。
したがって賃貸アパートに入居し、壁に何かを設置したい場合には釘を使用することは避けて、画鋲程度にとどめておくことが大切です。
もちろん、大家さんに許可が得られた場合は例外です。
どうしても釘打ちをする必要がある場合は、必ず事前に相談してください。

賃貸アパートへのピクチャーレールの取り付けについて

賃貸アパートは、他人の物件に住むものであるため、借主は善管注意義務を負います。
そのため、故意や過失によって賃貸アパートを傷つけてしまえば、原状回復をしなければならなくなります。
つまり、退去時に回復費用を敷金から引かれてしまいます。
そのため、敷金から大きな金額をひかれないように知るためにも、日ごろの使用には気を付けるべきです。
基本的に、くぎを用いるような大きな穴をあけてしまえば、クロスの張替や壁の穴埋めをする必要が生じるため、あまりよくなく、原状回復をしなければならない場合があります。
そのため、ピクチャーレールを設置すると、問題が生じてしまう可能性があるため、気を付けなければなりません。
ただし、ピクチャーレールは、次の入居者も使用ができるので、大家と相談をすれば設置許可が下りる場合もあります。
その場合、そのことによる原状回復は問題となりません。
許可を得ないで設置した場合は、原状回復が求められる可能性があります。

コンテンツ
「賃貸 釘」
に関連するツイート
Twitter